医療法人 育寿会 MIWA内科胃腸科CLINC葵 院長 木全崇之
クリニック紹介
当院の特色・理念
大腸・胃内視鏡検査
理事長Dr.Yoshiプロフィール
院内探訪
診療案内
診療時間
大腸内視鏡検査
胃内視鏡検査
当院へのアクセス
よくある質問
リンク
ホームページについて
岐阜へ

大腸内視鏡をスクリーニング検査として、
常に患者さまの立場にたち、
肉体的・精神的苦痛のない検査をいたします。

大腸内視鏡検査

肛門より内視鏡を挿入し、炎症やポリープ、がんを見つけます。
当院では2012.8.1から2013.7.31の1年間で、539件の大腸内視鏡検査を行い、深部到達率は100%、盲腸への到達時間の中央値は5分9秒でした。

検査は麻酔薬を使用して、苦痛の少ない検査を行います。
当院では疼痛のため泣き叫んだ患者さまや、「もう二度と受けない」と仰っしゃった患者さまはゼロです。

内視鏡専用の冷暖房完備、テレビ・トイレ付き個室(3室限定:予約順)にて下剤を服用していただいた後、検査を開始致します。
開始から終了まで観察のみの場合約15分、ポリープ切除の場合約30分で、
ポリープ切除の場合でも基本的に日帰りで施行致します。
終了後も個室にてリラックスしてお休みいただけます。

当院の特徴

1 これまでにMIWA内科胃腸科CLINICグループとして10000例以上の大腸内視鏡を施行。盲腸までの到達時間(短いほど患者様に苦痛は少ない)は最近の中央値が4分40秒(最短1分40秒?最長25分)、盲腸までの挿入率は99%です。
2 合併症の頻度は穿孔(腸に穴をあける)0例、
出血6例(いずれもポリープ切除後症例で内視鏡的止血にて回復)、
追跡例によるがん見落とし例0例、死亡例0例です。
※MIWA内科胃腸科CLINICグループ全体での成績
3 大腸内視鏡は、挿入の苦痛の少ない直径11mmの細径内視鏡を用意致しております。
ポリープ
ポリープ切除後

胃内視鏡検査

鼻もしくは口より内視鏡を挿入し、炎症や潰瘍、ポリープ、がんを見つけます。検査は麻酔薬を使用、苦痛のない検査を行います。
内視鏡専用の冷暖房完備のテレビ・トイレ付個室(3室限定:予約順)にてのどを麻酔させていただいた後、検査を開始致します。
開始から終了まで観察のみの場合約10分です。

当院の特徴

1 胃内視鏡は、観察が鮮明な直径9.5mmの最新式のハイビジョン内視鏡のほかに、挿入の苦痛の少ない直径5mmの経鼻胃内視鏡を用意致しております。

最新式のハイビジョン内視鏡

挿入苦痛の少ない直径5mmの経鼻内視鏡(口からも施行可能です)

内視鏡専用個室
検査までの間、リラックスしてお待ちいただける設備を整えています。

内視鏡検査室

上部内視鏡の使い分け

ハイビジョン内視鏡、細径内視鏡、経鼻内視鏡など胃カメラを選択する際のご参考にしてください。
ハイビジョン内視鏡(H260) 検診で異常を指摘された方
詳細な観察を希望されたい方
細径内視鏡 (XP260) 検査不安の強い方
以前経口で楽に受けられた方
経鼻内視鏡 (N260) 胃内視鏡検査がはじめての方
経口で以前不快だった方
自転車または自動車を運転してご来院された方
モニター観察希望の方
高齢者
心疾患など基礎疾患のある方

また、経鼻内視鏡の特長は、
1)その苦痛の少なさより、
  患者様にとって従来の経口内視鏡に比べ受け入れられやすい。
2)経口経験者や高齢者に苦痛が少ない傾向がある。
3)検査中、検査後のバイタル
(※1)が安定している。
4)検査の操作性、検査時間はさほど経口と違いはない。
5)画質はハイビジョン内視鏡と比較すると劣る。
※1)バイタルとは、人体の現在の状態を表す様々な数値情報のこと。
   具体的には、脈拍あるいは心拍数・呼吸・血圧・体温の4つを指します。

Last up data:2013年 8月 22日 木曜日/10:35 PM
トップページへ
診療時間
アクセス
予約

Copyright 2004-2011 MIWA 内科胃腸科 CLINIC葵 all rights reserved.